バイアグラ

最初に誕生したED治療薬

世界中で名前が知られている

バイアグラといえばもう説明不要なほど日本のみならず世界中の老若男女が名前を聞いたことがあると答えるでしょう。

別にEDとは無縁の女性も名前ぐらいは聞いたことがあって、ED治療薬でしょ?っていう認識を持っています。

これって凄いことですよね。

風邪薬とはわけが違い、日常で必要不可欠なものではないのにも関わらずここまで名前が知れ渡っています。ましてや日本で開発された薬ではないのにも関わらずです。

世界中で利用者がいて知名度が抜群なバイアグラですが、実は当初狭心症の薬として開発が進んでいました。

しかし、臨床実験の段階であまり効果が見込めなくて開発中止が下されました。

そこで被験者に薬を返すように伝えたところ、被験者が薬を返すの渋ったので詳しく聞いてみたところ中折れしなくなったとか、今まで以上に硬く長く勃起するようになったということで勃起不全治療薬として開発が変わっていったのです。

素直に被験者たちが返していたらED治療薬は誕生しなかったのかもしれません。

そんなバイアグラは1999年にアメリカのファイザー社から誕生しました。

バイアグラを勘違いしている人が居ますが、飲んだら強制的に勃起へと至るようないわゆる媚薬のような成分は入っていません。

仕事中にバイアグラを服用したとしても支障が無いのです。あくまでも視覚やシチュエーションなどから性的興奮が起こったときにスムーズに勃起へと至り、長く勃起が持続するようなサポートをしてくれる薬なんです。

未だに多くの人が勘違いをしているので気をつけて欲しいです。

これは他のED治療薬である、レビトラ・シアリス・ステンドラでも同じことが言えます。

またバイアグラは服用してから1時間ほどで効果が現れると言われていますが、空腹状態でしか効果を発揮しません。

必ず食後2時間以上空けるか性行為を終えてから食事をしたりするようにしましょう。

バイアグラの規格は【25mg、50mg、100mg】の3つがありますが、日本で発売されているのは【25mg、50mg】の2つです。

なぜ世界と規格が違うのかと言うと当初バイアグラは異例のスピードで薬の認可が下りました。

その理由は色々な説がありますが、有力な説として日本の病院で処方されていない段階で個人輸入で手に入れていた人が正しい知識を得ずに服用していた為に1日に何度も服用してしまったり、連続して服用してしまったことで病院に運ばれたりすることが多発しました。

本来日本で薬の認可が下りるのにはかなりの時間を要するのですが、自体を重く見た厚生省が異例中の異例のスピードで認可をしたのです。

しかし、薬の効果が強い100mgを許可すると責任が終えないということで50mgまでの販売に下のではないかと言われています。

今では広くバイアグラを取り扱っていますし、認知されているので100mgを処方しても良いと思いますが、未だに処方されていません。ジェネリック医薬品も同様に50mgまでです。

とはいえ正しい服用さえしておけば日本人の体型であれば50mgでも十分に効果を発揮します。

未だにいろいろなED治療薬が発売されていますが、バイアグラじゃないと効果を実感できないと言う人もいます。最初のED治療薬として試しに使ってみてもいいと思います。