妊活でED治療薬を使っても大丈夫

妊活中にEDになる男性は多い

胎児や妊娠への影響はない

夫婦となって一緒に生活をしていて2年ぐらいは二人の時間を楽しみたい!その後に子作りを始めたいとか計画を立てたりすることもありますよね。

しかし、いざそろそろ本格的に子作りを始めようと思ったときに男性が勃起不全に陥ってしまった!というケースも実は珍しくは無いのです。

と言うのもまず妊活をする上で一番最初に行うことと言うのは妊娠しやすい日に性行為を行うということですよね。

月に3日間しかないと言われており、それを逃してしまうとどうしてもまた来月までチャンスが無いのです。

だからこそその日にあわせて調整を行わなければいけないのです。

ただ、決められた日に必ずしなければいけないというのは男性からしてみれば本能の赴くままできないという点やどんなに疲れていたとしても性行為をしなくてはいけないというプレッシャーから勃起不全になってしまう人も珍しくないのです。

実は妊活をし始めたら勃起不全になってしまうという男性は以外にも多く、それで夫婦仲が悪化してしまうということもあります。

特に女性からしてみれば年齢が上になればなるほど妊娠しづらくなったり、胎児などにも影響が出やすくなり、妊婦にも負担がかかると一般的には言われていますよね。

また友達や家族などからのプレッシャーなどもあり、妊活をするのであれば男性にしっかりしてよ!って言いたくなりますよね。

それがまたプレッシャーに感じたりするわけですからどんどんうまく性行為が出来なくなってしまうという悪循環に陥ってしまうわけです。

そこでも役立つのがED治療薬なのです。

ED治療薬であれば勃起をスムーズに補助してくれて中折れすることなく長く維持してくれるので非常にありがたい存在ですよね。

ただし、気になることといえばやはりED治療薬を使って子作りをして生まれてくる胎児に影響が出たり、妊娠しづらくなるのではないかと言う不安ですよね。

これはもう大丈夫です。安心してください。

ED治療薬は血管を拡張させて血流をペニスに集めて勃起をスムーズにする役割があります。

精子に影響を与えたり、子宮に影響を与えるということは一切ありませんし、これまでにED治療薬が原因で妊娠しづらくなったとかの報告は一件もありません。

そもそも全然関係ないわけですから影響を与えるということは考えづらいですよね。

不安だという人は不妊治療専門の病院にいって確認をしてもらいましょう。

不妊治療専門の病院でも実際にED治療薬を渡されます。

妊活を始めたら勃起不全に陥りやすくなるから念のために1錠とか2錠渡されることもあります。

ED治療薬は妊娠に影響を与えるということはないので安心して利用することが出来ます。