副業の時代の産物

楽して稼げるというイメージ

アダルト業界に出演しようと思っている人が急増しています。そしてもはや夜の世界で働く女性というのは5人に1人とも言われているぐらいの数にもはやなっているというのをご存知でしょうか?一言で夜の仕事言ってもav女優や風俗業界と言われている場所で働いている人やガールズバーやキャバクラで働いているという人まで様々かもしれませんが、昔は夜女性が働いているとなったら近所では顔向けができなかったものです。

それがここ20年近くでキャバクラで働いていてもなんとも思わなくなりましたし、ガールズバーだったらいいよって言う男性も増えてきましたよね。時代の流れなのかもしれませんがこのように夜の仕事で働くということがいつから当たり前のようになってきたのか?というのを考えてみたいと思います。

一つの考えとして仕方がないという考えになっているのでしょう。働く場所がなければそういった場所に就職するしかないと考えるのは当たり前のことです。

今の時代は男女平等といいながらも女性は働き口が本当に少ないですよね。特に今は男性でもなかなか就職することができない不景気の中で結婚や出産をしたら会社を離れなくてはいけなくなったので企業側からしてみれば雇用しづらいのが本音と言ったところでしょう。

それなのにもかかわらず今は専業主婦がたたかれる時代となっていて主婦でさえも働かなくてはいけない状況で女性は難しい時代ですよね。

それが夜の仕事に就こうとするのかもしれませんね。さらに一般の企業だともらえる金額も男性の平均年収よりもかなり少ないのが現状ですが、夜の仕事では自分が頑張れば頑張るほどどんどんお金がもらえるチャンスでもありますのでお金を稼いで一旗あげたいという人も仕事に就くのです。

今の社会の風潮が女性が夜で働く増加の原因なのかもしれません。

ページのトップへ戻る