レビトラ

即効性が魅力

常に携帯しておきたい

レビトラといえばバイアグラの次に発売されたED治療薬であり、先進医療国でもあるドイツの大手製薬会社バイエルから発売されるということもあってかなり発売前から注目されていました。

レビトラもバイアグラと同じように3つの規格で発売されていますが、主成分の量がバイアグラと違い【5mg、10mg、20mg】の三つです。

バイアグラと同じ表示されている場合は偽物ですので注意してください。

レビトラとバイアグラはほとんど同じですが、レビトラの特徴はバイアグラにはない即効性です。これはレビトラの主成分である『バルデナフィル』が非常に水に溶けやすい性質を持っているので胃の中で分解されて吸収されていくためです。

バイアグラの場合空腹時に服用して1時間ほどで大体効果が現れます。

しかし、レビトラの場合は最短15分ごろから効果が現れるといわれていてこれが話題になりました。

やはり性行為と言うのは計算しづらいですよね。

今から1時間後にセックスをするために今のうちに飲んでおこうというのもなんだかなぁ~って感じがしますよね。

レビトラの場合は性行為直前に飲んだとしても空腹時であれば効果が実感できるので普通にムラムラきたから服用したとしても間に合うのです。

正し、あくまでも空腹時に服用した場合です。

レビトラは食事の影響は受けづらいと説明をしているところがありますが、これは誤りで食事の影響は受けやすいので勘違いをしてはいけません。

レビトラを服用するのは空腹時と言うことは覚えておきましょう。

効果が実感できるのが早いだけではなくて薬の効果の長さもバイアグラよりも早くレビトラ20mg錠の場合は最大10時間ほど効果が長く続きます。

ですので時間を置いてもう一回戦することも十分に可能なんです。

例えば付き合いたてとかの場合は時間がおいてもう一度ムラムラする状況と言うのもあるでしょう。

そういったものにも十分に対応できる時間があるのです。

即効性があるということで基本的に常に1錠は財布やかばんの中に1錠置いておきたい薬と言ってもいいでしょう。

レビトラを使用している人の中には自分がEDということを打ち明けていない人からしてみれば咄嗟のベッドインにも対応をする事が出来るということで非常に人気があります。

医薬品個人輸入代行サイトを利用すればレビトラのジェネリック医薬品も日本以外では販売されています。

現状では生産はされておらず、世の中に出回っているもののみレビトラジェネリックは早めに購入しないと売切れてしまうかもしれませんので注意が必要です。

通常のレビトラと比べるとかなり値段も違うので購入できるうちに購入しておきましょう。