勃起不全になる原因

年齢のせいだけじゃない

病気のサイン

勃起不全というのは病気なんです。よく年齢を重ねると多くの人が勃起不全に悩んでいるため年齢と共に勃起不全になってしまうと思っている人もいますが、実は勃起不全と言うのは病気のサインでもあるわけです。

また今の時代は年齢を重ねたシニア世代だけではなくて20代でも勃起不全になってしまう人もいます。

勃起不全と言うのは色々な原因で起こってしまいます。

シニア世代の方は性欲自体の低下などがありますが、若い人が勃起不全になるのは注意が必要です。

なぜ勃起不全になってしまうのかその原因を把握しましょう。

まず最も勃起不全になってしまう原因として挙げられるのは糖尿病・高血圧・脂質異常症が原因で起こります。

加齢が原因で勃起不全になってしまうのはその次何です。

そもそも勃起をするというのは血液を陰茎海綿体に集めることで勃起へと至ります。

しかし、血液の流れが悪かったりすれば当然勃起しづらくなったり途中で萎えてしまいます。

糖尿病とかになると血液の流れが悪くなったりするので当然勃起不全になりやすいのです。

実に糖尿病の8割が自身がEDであるということを自覚しています。

そして無自覚な人もいるわけですから実際はもっと居るはずです。

まず勃起不全かな?って思ったら糖尿病や高血圧、脂質異常症を疑ってください。

また他の勃起不全の原因としてはストレスを溜め込みすぎてしまっているという人です。

これは若い人に多く、朝から晩まで仕事でせっかくの休みも残業だったり、会社の上司との付き合いなどから休みがないという人もいます。

休みのもサービス残業だったり、仕事の内容をまとめたりと常に仕事中心の生活を送っていてストレスが溜まっているという人は多いです。

休みも無く働いているのにも関わらず、給料が上がらないという生活を送っていたら精神も肉体もボロボロになってしまいますよね。

もはや性行為をする気力がなくなってしまい、性行為をしないことが当たり前となってしまいEDになってしまいます。

将来への不満、仕事へのストレスが原因で今は若い人でもEDになってしまうのです。

他に若い人がなる原因としてはパートナーとなる女性からHが下手だねとかすぐに終わってしまったのみたいに言われて性行為に自信がなくて自ら遠ざかってしまってなってしまったとかがあります。

他には幼いときにトラウマになるようなことが原因で勃起不全になってしまったなどがあります。

苦手意識を持ってしまった場合はカウンセリングなどを行って相談をして1人で抱え込まないことが大切です。

勃起不全と言っても色々と原因がありますのでただ単に年齢のせいだけではなくて病気のサインかも知れません。

またシニア世代も年を取ったなで終わるのではなくて年齢を重ねると様々な症状が出てきますので年齢のせいにするのは大変危険ということを覚えておきましょう。