アバナフィル

最新のED治療薬

他のED治療薬のいい所取り

ED治療薬として有名なものといえばバイアグラ、次いでレビトラ・シアリスですよね。俗にこの三つを三大ED治療薬と呼ばれていたりします。

しかし、ED治療薬の世界はこの三つの薬しかないのか?と言ったら決してそうではありませんよね。

医学と言うのはどんどん進んでいて新しい薬は誕生しています。

今まではシアリスが一番最新の薬でしたが、今はシアリスよりも新しい最新のED治療薬であるアバナフィルという主成分を含んだステンドラと言う薬が世界では発売されています。

日本ではまだ認可がされていませんが、日本でも認可されることは期待が持てます。

なぜならば元々主成分アバナフィルは日本人が開発を進めていたからです。それをアメリカのヴィヴス社に日本と一部の国を除いた国の販売権を譲渡したのです。

そこからヴィヴス社が発売へと至ったので、日本で発売される可能性はかなり高いと言えるでしょう。

アジア諸国ではもうすでに販売されていてお隣の韓国でも販売されています。

そんなアバナフィルの特徴は他のED治療薬のいい所取りといった感じですね。

簡単に言えばレビトラの即効性とシアリスのように食事の影響を受けづらいといったところです。

ただし、薬の効果作用時間はバイアグラと同様に4時間~5時間です。

レビトラの即効性とシアリスのように食事の影響を受けないというのはかなり助かりますよね。

まさに良いところどりといったところです。

ただし、日本の病院では処方されないのでどうしても医薬品個人輸入代行サイトを利用する必要があります。

だったらどうせならばステンドラのジェネリック医薬品を購入してみましょう。

日本では処方されていないED治療薬でも海外ではジェネリック医薬品が販売されています。

アバナという名前で販売されていてこれであれば通常の料金の半分以下で購入することも可能です。

お試しで利用してみて効果があれば継続して利用してみる価値は十分にあると思います。

もはや日本では発売されていないものがジェネリックでも販売されているというのは購入する側としてみれば試しやすいですよね。

アバナフィルも三つの規格で販売されており【50mg、100mg、200mg】で発売されています。他のED治療薬とは規格が違うのでそこだけは気をつけるようにしましょう。

日本人の体型では100mgでも十分に効果を発揮して200mgの場合は副作用が強く出てしまうと言われていますので気をつけましょう。